口角の歪みがほぼ治りました(歯列矯正)

私が歯列矯正を始めたきっかけの一つに「笑た時、左右の口角の高さに差が出る」という問題を解決したいというのがありました。いつからこうなったのか全然覚えていませんが、喋っている時も口の開き方によっては口元が歪んで見えたりして気にしていました。

また、歪んで見えることによって人から意地悪い感じに見られたりするんじゃないか?などと心配していたわけですが、前のブログに書いた通りネジをつけまして、そしたら2か月足らずで左右差がほぼ治ってしまいました。

歯列矯正開始前の時点で先生からは、「前から3番目の歯の向きが左右で異なっているので口角の左右差が出ているのではないか」と言われており、それを受けて一年インビザライン矯正をするもまったく改善が見られなかったので「藪かな!」と疑っていた訳ですが...

晴れてこの左右差もなくなりまして、先生の目論見が正しかったことが証明されました。

ネジ設置やゴムかけをしていなかった当時になぜ左右差が治らなかったのかは不明ですが、結局いま治ったわけだからいいかなと深く考えないで居ます(マイペンライ精神)

出っ歯も改善されてきて、口元の膨らんでる感じは緩和されてきたと思います。

またそれによって、人中短縮の手術ですこし違和感が生じていた 口を閉じた時の感じについても違和感が軽減されたように思います。

 

今後はEラインをきれいにするために、横から見た鼻とあごの位置に対してもう5ミリ(もしくはもっと)くらい口が引っ込んでほしいなぁと思って思っているのですが、そうするとほうれい線が目立つようになるかもしれないのでうまい具合で調整していきたいところです。

最近綺麗な人の写真や動画を見ていて思うんですが、口元から頬にかけての線が鼻とうまく接合している人は垢抜け具合が違うなぁと。モタっとした印象がないぶん、すっきり美人に見えるなぁと。

こういう感じに近づけていきたいなと思いつつ、そうなるとあと何年歯列矯正やるのよ、という自問自答もあって悩んでいます。

予想では、あと8か月くらい矯正を続けて、計二年くらいかなぁと目論んでいますが。

 

あ、前回の記事をしたためてから変化のあったことがもう二つ

1、下あご奥歯のネジが片方取れてもう一度埋め込んだ。めっちゃ痛かったのでもう二度と不用意に取れてほしくない。

2、コロナ対策でかかりつけの矯正歯科医が新たな診療方針を制定。再診料無料だったものが毎回100バーツかかるようになった

→といっても微々たる金額なので、矯正終了までにかかる金額は交通費含む総額でも65万円以内か。

【c】【公式】トリップアドバイザー オンライン英会話レアジョブ スカイスキャナー